365マーケット 会員規約

365マーケット(運営会社:(株)VACAVO)(以下「弊社」といいます。)では、食に関する国家資格・民間資格の有無を問わず、食に興味・関心のある方全てを「食のオタク」と定義しています。

本規約は、弊社が提供する、食のオタクのためのWEBコミュニティサービス(以下、「本サイト」といいます。)を利用する個人(以下「ユーザー」といいます。)の利用条件を定めるものとします。

また、本規約は本サイトの利用に関して生ずるすべての関係に適用されるものとし、ユーザーは、本規約を熟読し、本規約の内容を十分に理解した上でこれを承諾して、本サイトを利用するものとします。

第1条 定義

本規約の中で使用される以下の各用語は、前記の「食のオタク」の他、次の通りとします。
1.「本サイト」 (株)VACAVOがインターネット上で提供する「365マーケット(サンロクゴマーケット」。
2.「弊社」365マーケット(運営会社:(株)VACAVO)
3.「ユーザー」 会員、会員登録の申込者、及び本サイトの閲覧者など、本サイトの利用を認められる個人。
4.「コンピュータウィルス等」 コンピュータウィルス、ワーム、トロイの木馬、又はその他コンピュータ、周辺機器、ネットワーク、データ若しくはソフトウェアに対し、誤動作、消去、データ書き換えその他有害な作用を及ぼすプログラム
5.「クライアント」 本サイトにおいて、食の仕事を依頼し登録する法人及び行政団体
6.「フードメッセンジャー」 本サイトにおいて、食の仕事に対して提案を行い、仕事をする会員
7.「会員連絡先情報」 会員の住所、氏名若しくは商号、連絡先(電話番号、電子メールアドレス)、又は連絡担当者の情報
8.「本人確認サービス」 本サイト上での信頼性向上を目的に、住所確認を希望する会員に対して、郵送・FAX・電子メール等の手段により、「運転免許証」「各種健康保険証」「外国人登録証」等を用いて本サイト内の登録情報に合致するかの本人確認を行う機能
9.「個人情報」 個人に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名、生年月日その他の記述等により特定の個人を識別することができるもの(他の情報と容易に照合することができ、それにより特定の個人を識別することができることとなるもの)
10.「反社会的勢力」「暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律」に定義する暴力団並びにその関係団体等

第2条 本規約の範囲・改訂

【第1項】

本規約は、弊社が提供する本サイトを利用するユーザーとの関係を定めるものとします。また、本規約は本サイトの利用に関して生ずる、フードメッセンジャーとクライアントの間、ユーザー間等、すべての法律関係に適用されるものとします。また、弊社は、ユーザーへの了解を得ることなく本規約を変更できるものとします。規約の変更・追加によりユーザーに生じた一切の損害について、直接損害か間接損害か、予見できたか否かを問わず、一切の責任を負いません。変更後の規約は本サイト上に表示・告知した時点より効力を生じるものとし、ユーザーは定期的に本規約の最新の内容を確認する義務を負うものとします。

【第2項】

本規約の他、本サイトに関するご利用ガイド及び各種ガイドラインは本規約を構成するものとし、ユーザーが本サイトを利用するときはご利用ガイド及び各種ガイドラインを遵守する義務を負います。

第3条 会員登録

【第1項】

会員登録手続は、会員となる本人が行うものとします。会員となる本人以外が行う登録は一切認められません。

【第2項】

会員は、会員登録時及び会員登録後に、本サイトを利用するにあたり、真実の内容にて会員登録を行ってください。

【第3項】

登録内容の変更がある場合は、会員は直ちに登録内容を修正し、常に会員自身の正確な情報が登録されているよう、管理・修正する責任を負います。また、会員連絡先情報は必ず登録するものとします。

【第4項】

会員は、1つのアカウントを保有するものとします。複数のアカウントを保有することは出来ません。ただし、弊社が別に認めたものを除きます。

【第5項】

会員は、いかなる場合においても、アカウントあるいは会員たる地位につき、第三者に譲渡・販売・貸与・担保設定その他の処分をすることは出来ません。

【第6項】

会員が第1項乃至第3項及び前項の規定に違反したために被った損害について、直接損害か間接損害かを問わず、弊社は一切責任を負いません。会員は、会員が前各項の規定に違反したために第三者が被った損害がある場合、会員が当該第三者に責任を負うものとし、弊社は一切責任を負いません。

第4条 会員資格

【第1項】

本サイトへの会員登録の条件は以下のとおりとします。

1.食のオタクであることを自認し、今後も食のオタクであり続ける意思があること。
2.実在する個人であること。
3.本規約の全てに同意すること。
4.自らが反社会的勢力でなく、過去にも反社会的勢力でなく、反社会的勢力を利用したことがないこと、かつ、自己の主要な出資者又は役職員が反社会的勢力の構成員でないこと。
5.フリーメール以外の常時使用するメールアドレスを保有していること。

【第2項】

フードメッセンジャーとしての登録には、前項各号の点に加えて、以下のいずれかを満たす必要があります。弊社は、フードメッセンジャーに対し、その旨の認証マークを設定し、フードメッセンジャーである間、使用を許可するものとします。

【第3項】

会員がフードメッセンジャーとしての登録を希望する場合、弊社指定場所において、弊社担当者と面接し、審査を受けるものとします。審査に合格し、弊社所定の契約書に御署名御捺印頂いた時点で、通常の会員資格に加えて、フードメッセンジャーとしての資格が付与され、登録がなされるものとします。食の資格を有する会員であっても、審査の結果、弊社はフードメッセンジャーとしての資格の付与及び登録をお断りすることがあります。

【第4項】

弊社は、フードメッセンジャーについて、弊社が独自に設定する基準に基づきランクを付し、または特定のフードメッセンジャーに対し特別の称号を付与することができるものとします。弊社の判断で、フードメッセンジャーのランクは変動し、特別の称号は変更または剥奪されることがあるものとします。フードメッセンジャーは、弊社が行うこれらの処分に対し、不服申立をすることはできないものとします。

第5条 会員資格の取消等

【第1項】

弊社は、会員につき、以下の各号のいずれかに該当する場合は、会員資格(フードメッセンジャーとしての資格を含みます。以下同様とします。)を取り消したり、一時的に停止したり、会員資格に伴う権利自体を取り消したり、又は、将来にわたって本サイトのご利用をお断りする場合があります。

1.不実又は誤認を与える内容にて申込みが行われた場合
2.該当ユーザーが、過去に弊社が提供する各サービス等において、又は過去に他のユーザーとの取引において契約上の義務を怠ったことがある場合。また、今後も怠る恐れがあると弊社が判断した場合
3.法令又は本規約に違反した場合
4.不正行為があった場合
5.会員資格を満たしていないことが明らかになり、又は満たさなくなった場合
6.他の会員や第三者とのトラブルが、故意・過失を問わず、弊社が定める一定水準を超えた場合
7.他の会員や第三者から受ける苦情が、故意・過失を問わず、弊社が定める一定水準を超えた場合。この苦情には、クライアントから弊社が受ける業務水準、業務速度、業務品質に関する苦情が含まれます。
8.弊社が定める一定期間内に一定回数以上のログインがなかった場合
9.本サイトの継続的な提供が合理的な理由により困難であると弊社が判断した場合
10.フードメッセンジャーにあっては、当社に登録した食の資格の全部または一部を喪失し、または法令もしくは資格認定者の規定・処分に基づいて資格を停止されまたはそのおそれがある場合であって、当該食の資格に関する会員登録の内容の修正を直ちに行わない場合
11.その他、弊社が、業務の遂行上著しい支障があると判断した場合

【第2項】

弊社は、前項によって定める処置により生ずる一切の損害について、直接的か間接的かを問わず、一切の責任を負わないものとします。弊社は、前項に定める措置をなした時点で当該会員に支払われることとなっていた金銭について、弊社の判断により、一定期間その支払を留保したり、支払をせずに弊社が指定する他の方法により精算したりすることができるものとします。

第6条 会員の退会

【第1項】

会員が退会を希望する場合は、本サイトの所定ページにより退会することができます。ただし、退会の手続を行った時点で、会員間取引の決済など取引の手続が未完のものがある場合は退会することができません。そのため、会員は、一連の未完の会員間取引を本規約に従って遅滞なく円滑に進め、完了させた後、退会手続を行うことができるものとします。

【第2項】

会員が退会手続を完了した場合は、事由の如何にかかわらず退会を撤回することはできないものとします。

第7条 本サイトの利用について

【第1項】

会員が登録した情報が真実に反する場合、又は弊社が必要があると判断した場合は、予告なくデータを削除することがあります。

【第2項】

会員が「本人確認サービス」の提供を受ける場合、虚偽、偽造、変造又は誤認を与える資料を提出しないものとします。

【第3項】

フードメッセンジャーたる会員は、仕事の依頼や提案において、正確かつ適切な内容を登録することとします。会員が本サイト内で登録・掲載した仕事・提案(その他本サイト内で発信した事項を含む)に関する一切の責任は、当該会員が負うものとします。

【第4項】

フードメッセンジャーたる会員は、仕事依頼の登録や提案の登録において、登録内容を明確にする必要があります。「詳細はこちらまでご連絡下さい。」などと本サイト外へ誘導する行為を行ってはなりません。。

【第5項】

フードメッセンジャーたる会員は、クライアントが依頼する内容と直接関係のない提案やファイルのアップロードを行ってはなりません。

【第6項】

フードメッセンジャーたる会員は、本サイトの会員である間はもとより、会員資格を喪失した後であっても、弊社がフードメッセンジャーに対して依頼する業務と同様または類似の業務につき、クライアントとの間で自ら直接契約し、または第三者をして契約させてはならないものとします。

【第7項】

クライアントたる会員は、本サイトの会員である間はもとより、会員資格を喪失した後であっても、弊社がフードメッセンジャーに対して依頼する業務と同様または類似の業務につき、フードメッセンジャーとの間で自ら直接契約し、または第三者をして契約させてはならないものとします。

第8条 本サイト水準等の非保証等

弊社は本サイト内で会員から出された仕事や提案その他一切の情報に関する内容・品質・正確性・適法性(以下、知的財産権や他人の権利非侵害を含む)・有用性・信憑性などは確認せず、確認の義務を負わず、かつ何ら保証しません。

第9条 本サイトの利用料及び報酬に関する事

【第1項】

本サイトは、原則、無料でご利用頂けます。以下の場合のみ利用手数料をお支払い頂きます。なお、会員同士が取引する金額や以下の利用手数料については、別段の定めがない限り、すべて消費税が含まれるものとします。お支払い期日については、別段取り決めがない限り、末締め翌末払いにてご請求書を予め登録された住所に郵送させていただきます。

1.成約時のシステム利用手数料(クライアントのみ)
クライアントは、本サイトにおいてフードメッセンジャーとの間で食の仕事のマッチングが成立したときは、成立金額に加え、システム利用手数料として、成立金額の20%相当額(消費税別途)を弊社が別途指定する銀行口座に振込送金する方法で支払うものとします。但し、振込手数料はクライアントの負担とします。

2.有料オプションサービスの利用料(クライアント及びフードメッセンジャー)
クライアント及びフードメッセンジャーは、本サイト上の有料オプションサービスを利用するときは、弊社所定の利用料を支払うものとします。但し、振込手数料は支払者の負担とします。

【第2項】

フードメッセンジャーへの報酬については、以下のルールに基づき、お支払いします。

1.毎月末日時点で納品完了になったお仕事については、翌月15日に予め登録された銀行口座に入金させていただきます。振込日が銀行休業日の場合は、前営業日に振り込みます。振込手数料はフードメッセンジャー負担とします。

第10条 本サイトでの成果物に対する著作権の取扱い

1.本サイトで会員が作成したプロフィールや、フードメッセンジャーが弊社との業務委託契約によらず本サイト上で提案した成果物の著作権等の権利(著作権法第27条、第28条の権利を含みます。)は、会員間取引によって譲渡されない限り、当該会員自身に帰属するものとします。但し、弊社と会員との間で著作権等の権利に関する契約があるときは、その契約に従って帰属が決定されます。

2.フードメッセンジャーは、クライアントに納入し権利を譲渡する成果物については、フードメッセンジャーが著作権その他当該成果物を利用する権限を有していること、並びに、画像等、フードメッセンジャーが第三者から利用の許諾を受けた素材等の著作権についてはフードメッセンジャーがクライアントに対して第三者の著作権等を侵害していないことを保証するものとし、この保証に反する事実が明らかになったときは、フードメッセンジャーはクライアントに対し、代替成果物の納入、損害賠償その他の責任を負うものとします。この場合の処理は、クライアントとクライアントの間で直接協議解決するものとし、弊社はいかなる責任も負いません。

3.フードメッセンジャーは、会員間取引によって著作権等を譲渡した成果物につき、クライアント又はクライアントの取引先に対し、著作者人格権を行使しません。

第11条 取引における機密保持

【第1項】

会員は、会員間取引又はその成立過程において、取引の相手方たる会員から機密である旨示されて開示される機密情報、会員間取引遂行中に知り得た機密情報、及び、取引の相手方たる会員が保持する個人情報を、すべて機密として保持し、会員間取引の目的以外には一切使用せず、第三者に一切開示、漏えいしないものとします。

【第2項】

本条第1項の規定に関わらず、以下のいずれかに該当することを会員が証明したものついては、機密情報から除かれるものとします。

1.既に公知、公用の情報
2.機密情報の開示後に、会員の責によらず公知、公用となった情報
3.開示を受けた時点で、既に知得していた情報
4.開示を受けた後、正当な権限を有する第三者から守秘義務を負うことなしに適法に入手した情報
5.開示者が、第三者に開示することを文書により承諾した情報
6.法令又は確定判決等により開示を義務付けられた情報

【第3項】

会員が、機密情報を利用するにあたっては、開示目的を達成するに最小限必要な従業員に限定して開示するものとします。この場合、会員は従業員が機密情報を漏洩もしくは開示目的以外に利用しないよう、監督その他の必要な措置を講ずる義務を負います。

【第4項】

会員は、機密情報を極秘にして扱い、全て合理的な安全管理体制及び漏洩防止手段を講じる義務を負うものとします。

【第5項】

会員は、会員間取引を開始する前に、必要に応じ、別途機密保持契約を締結し、相互の機密保持に努めるものとします。この別途機密保持契約の締結の有無にかかわらず、本サイト上、本条に同意することを表示した会員間では、会員間取引に関し、相互に本条に定める機密保持義務を負うものとします。

【第6項】

弊社は、会員間取引における機密保持につき、何らこれを保証するものではなく、何らの責任を負わないものとします。

第12条 反社会的勢力等の排除

【第1項】

ユーザーは、現在または将来にわたって、次の各号の反社会的勢力のいずれにも該当しないことを表明し、これを保証するものとします。

1.暴力団。
2.暴力団員。
3.暴力団準構成員。
4.暴力団関係企業。
5.総会屋等、社会運動等標ぼうゴロ、政治活動標ぼうゴロ等総会屋等。
6.その他前記1乃至5に準ずるもの。

【第2項】

ユーザーは、現在または将来にわたって、前項の反社会的勢力または反社会的勢力と密接な交友関係にある者(以下「反社会的勢力等」という。)と次のいずれかに該当する関係を有しないことを表明しこれを保証するものとします。。

1.反社会的勢力等によって、その経営を支配される関係。
2.反社会的勢力等が、その経営に実質的に関与している関係。
3.反社会的勢力等に対して資金等を提供し、または便宜を供与するなどの関係。
4.その他社会的に非難されるべき反社会的勢力等との関係。

【第3項】

ユーザーは、自己の従業員または取引先が反社会的勢力等ではないこと、また反社会的勢力等と関係を有していないことを保証するものとします。

【第4項】

ユーザーは、自らまたは第三者を使用して次の各号のいずれの行為も行わないことを表明しこれを保証するものとします。

1.暴力的な要求行為。
2.法的な責任を超えた不当な要求行為。
3.取引に関して脅迫的な言動をし、または暴力を用いる行為。
4.風説を流布し、偽計または威力を用いて相手方の信用を毀損し、業務を妨害する行為。
5.その他前記1乃至4に準ずる行為。

【第5項】

弊社は、ユーザーが本条第1項乃至第4項の表明保証のいずれかに違反した場合で、ユーザーが会員であるときは、会員資格の取消し、会員資格に基づく権利の取消しまたは停止、または会員資格の一時停止をすることができるものとします。この場合において、当該会員は、弊社に対し何ら損害賠償の請求をすることができないものとします。

第13条 本サイトの取引に関する禁止事項

【第1項】

弊社は、全てのユーザーが法令に則って安全且つ快適に仕事の取引を行って頂くために、ユーザーに対し、以下に関連する行為を禁止します。ユーザーが以下に該当する行為を行った場合、弊社は、その故意・過失であるかにかかわらず違反行為とみなすことができるものとします。

1.他のユーザー、弊社又は他者の商標権、著作権などの知的財産権、プライバシー権、肖像権、その他の権利を侵害する行為、その他他人に経済的損害を与える行為

2.本規約等若しくは法令に違反する行為、詐欺等の犯罪に結びつく行為、犯罪を扇動し、教唆する行為

3.公序良俗に反する行為

4.性行為や性的サービスを想起させる表現、わいせつ、児童ポルノ又は児童虐待に相当する画像、文書等を送信若しくは表示する行為、又はこれらを収録した媒体を販売する行為、又はその送信、表示、販売を想起させる広告を表示又は送信する行為

5.他のユーザー、弊社又は他人に対して、プライバシーを侵害したり、名誉若しくは信用その他他人に精神的損害を与えたりする行為、ストーカー行為等の規制等に関する法律に違反する行為、大量又は長時間の架電、同様の問い合わせの繰り返しを過度に行う行為、メッセージ機能により大量のメッセージを送信する行為、義務や理由のないことを強要する行為

6.人種差別、部落差別その他の差別を意識させる行為

7.出会い系サービスに関連する行為

8.脱法ドラッグ(いわゆる合法ドラッグ)に関する行為

9.自身の詳細な個人情報又は他のユーザー、弊社若しくは他者の個人情報(電話番号や住所等)を発信及び公開する行為、又は依頼内容において、提案時にユーザー自身の詳細な個人情報の記載を要求する行為

10.本サイト外で本サイト及び本サイト付随機能を商業目的で利用する行為、無限連鎖講及びマルチ商法、又はそれに類するもの、その恐れのあるもの、あるいは弊社が無限連鎖講及びマルチ商法、又はそれに類するもの、その恐れのあるものと判断する内容を掲載する行為

11.本サイトを介さずに行う直接取引やそれを勧誘する行為、又は、勧誘に応じる行為。(本サービスで取引開始をした会員と再度取引する場合を含む)

12.本サイト若しくは本サイトの一部(コンテンツ・情報・機能・システム・プログラム等)を使用・転用・転売・複製・送信・翻訳・翻案などして、いかなる手法を問わず商業・営業目的の活動、営利を目的とした利用及びその準備を目的とした利用をすることその他本サイトの2次利用や複製行為

13.本サイトのセキュリティホールやバグの利用・不正アクセスや人為的な高負荷アクセスを発生させる行為、本サイトによりアクセス可能な本サイト又は他者の情報を改ざん、消去する行為、他者の設備又は本サイト用設備(本サイトがサービスを提供するために用意する通信設備、通信回線、電子計算機、その他の機器及びソフトウェアをいい、以下同様とします。)に無権限でアクセスし、又はその利用若しくは運営に支障を与える行為、本サイトを逆アセンブル、逆コンパイル、リバースエンジニアリングする行為。

14.本サイトにコンピュータウィルス等の不正プログラムを送信する行為、又は他者が受信可能な状態におく行為

15.本サイトを広告や宣伝・営業手段として利用する行為

16.本サイトを翻訳・転載・引用・複写・コピーなどをして利用する行為

17.自身の依頼を自身、自身の親族、自身の役員若しくは従業員、自身の知人、自身の友人、又は自身の直接的・間接的な影響下にある関係者を当選にする行為、又は、他者になりすまして本サイトを利用する行為

18.報酬を明確に設定できない依頼(無報酬・完全歩合報酬等)を行う行為、又は成果報酬を得ることを目的とする依頼(アフィリエイト、メルマガ登録等)を行う行為

19.ステルスマーケティング等に該当する行為、又は、ステルスマーケティング等に利用する行為

20.前条の表明保証のいずれかに違反すること

21.その他、弊社が不適当と判断した行為

【第2項】

ユーザーが前項各号に違反し、弊社、他のユーザー又は他者に対して損害を与えた場合、故意過失を問わず、会員は自己の責任と費用をもって損害を賠償するものとします。

【第3項】

本条第1項各号の内容は、本規約改定により適宜追加修正される場合があるものとし、ユーザーは、本サイトの利用にあたり、常に最新の内容を確認する義務を負うものとします。

第14条 監視業務

【第1項】

弊社は、会員が本規約等に従った本サービスの利用をしているか、また、本規約等に反する行為や不正がないかを監視する業務を独自の裁量で行う権利を有するものとします。

【第2項】

本サービスで提供する「メッセージ機能」は、メッセージの送信者と受信者及び弊社の三者のみが閲覧出来るようになっています。弊社は前項の監視業務を含め本サービスの提供上必要な範囲に限り、かつ必要に応じて、その内容を閲覧し、会員の本規約等の違反行為又は不正行為に対して弊社が適切と考える措置を行うことができるほか、本規約に照らして一部又は全てを削除することがあります。

第15条 本サイトの一時的な中断

【第1項】

弊社は、以下のいずれかの事由が生じた場合には、ユーザーに事前に通知することなく、一時的に本サイトを中断することがあります。その場合に本サイト内の利用・有効期限は延長される場合があります。

1.本サイト用設備等の保守を定期的に又は緊急に行う場合
2.火災、停電等により本サイトの提供ができなくなった場合。
3.地震、噴火、洪水、津波等の天災により本サイトの提供ができなくなった場合。
4.戦争、動乱、暴動、騒乱、労働争議等により本サイトの提供ができなくなった場合。
5.弊社の使用する設備やシステム等の障害、保守及びメンテナンス等の事由による場合。
6.その他、運用上又は技術上弊社が本サイトの一時的な中断が必要と判断した場合。

【第2項】

弊社は、前項各号のいずれか、又はその他の事由により本サイトの提供の遅延又は中断等が発生したとしても、これに起因するユーザー又は他者が被った損害について、この本規約で特に定める場合を除き、一切責任を負わないものとします。

第16条 著作権侵害の場合の取扱

【第1項】

ユーザーは、弊社が、ユーザーを含む第三者の知的財産権を尊重し、必要に応じて適切な措置を講ずることを予め了承するものとします。

【第2項】

ユーザーは、万一、本サイト内及び本サイトを利用した会員の成果物において、自身の著作物の著作権が侵害されている場合には、弊社に申し出ることができるものとします。

【第3項】

前項の申出は、(1)著作権が適用される国(2)問題のある本サイト内のURL(3)どのような方法で著作権が侵害されているかの説明(4)自身が著作権を保持しており、その権利が侵害されていると思われる著作権の種類(5)自身の電子メール(6)自身の氏名・住所・電話番号を弊社まで電子メール若しくは郵送にて行うものとします。

【第4項】

ユーザーは、以下の点を予め了承するものとします。

1.前項の電子メールまたは書面を送付したとしても、それにより、弊社が何らかの行為を行うことが保証されるものではなく、弊社は対応の義務を負わないこと
2.郵送頂いた書面は、いかなる場合でも、返却されないこと

【第5項】

弊社は、本条第2項の申出が、裁判所、検察庁、若しくは行政機関の判決、決定、命令その他の処分に基づく場合には、法令に則り対処をするものとします。

【第6項】

本条第2項に定める侵害に関する紛争は当事者間で解決するものとし、当該トラブルにより弊社が損害を被った場合は、当事者は連帯して当該損害を賠償するものとします。

【第7項】

弊社は、著作権以外の権利の侵害については、本条に準じて取り扱うことができるものとします。

第17条 本サイトの知的財産権

本サイトに含まれる工業所有権、ノウハウ、プログラム、著作権その他の知的財産権及びそれらに関連する全ての権利は弊社又はそれらの所有者に帰属するものとし、ユーザーは、あらかじめ弊社より書面による承諾を得た場合を除いて、本サイトの模倣、本サイトに含まれるノウハウの使用、画像等の著作物、ロゴ、文章等の著作物を複製、翻案、公衆送信その他権利の侵害、その他前記各権利を侵害する行為などはできないものとします。

第18条 非保証・免責

1.ユーザーは、本サイトで作成したデータなどについて、自己の責任において保存するものとします。弊社サーバ側では、これらのデータの保存内容について保証しないものとします。また、ユーザーは弊社に対し、本サイトで保存するデータの消失やサーバの稼動停止によりクレーム、紛争、損害賠償の請求などが起こった場合の損害、責任について一切を免責するものとします。ただし、弊社は、同データ等が消失(本人による削除は除きます。)し、又は他者により改ざんされた場合は、技術的に可能かつ合理的な範囲でデータ等の復旧に努めるものとし、その復旧への努力を以って、消失又は改ざんに伴う会員又は他者からの損害賠償の請求を免れるものとします。またこの復旧への努力の程度は、弊社がその裁量で判断決定することができるものとします。

2.会員が利用した機器・回線・ソフトウェア等により生じた責任及び損害、並びに、会員が本サイトを利用する上での過誤による責任及び損害は、会員が負うものとし、弊社は会員の故意や過失の有無を問わず、一切責任を負いません。

3.弊社は、本サイトに関連するコンテンツの中に、コンピュータウィルス等が含まれていないことについても、一切保証しないものとします。弊社は、本サイトに関連するコンテンツの中に、コンピュータウィルス等が含まれていたことにより生じた一切の損害について、直接損害か間接損害か、予見できたか否かを問わず、ユーザー及び第三者に対して一切責任を負いません。

4.弊社は、サービス提供の状態、アクセスの可能性、使用の状態については一切保証しておりません。

5.弊社は、本サイトに関連してユーザー間、会員間又は会員若しくはユーザーと第三者間で発生した一切のトラブルについて、一切の責任を負わず、関知しません。万一トラブルが生じた場合は、訴訟内外を問わず当事者間で解決するものとし、当該トラブルにより弊社が損害を被った場合は、当事者は連帯して弊社に対し、弊社に生じた弁護士費用を含むすべての費用及び当該損害を賠償するものとします。

6.前各項にかかわらず、何らかの理由で弊社がユーザーに対し損害賠償の責を負う場合においても、弊社の責任は、損害賠償の責を負う原因となった事象に関し当該ユーザーについて手数料その他弊社が受領した金額の総額を上限とします。

第19条 本サイトの提供の変更・中止

1.弊社は本サイト上での告知の上、本サイト及び本サービスの一部を変更若しくは終了することができるものとします。

2.弊社は、前項の通知を行った後に本サイト又は本サービスを終了した場合に、ユーザーに対して、本サイト又は本サービスの終了に伴う損害、損失、その他の費用の賠償又は補償を免れるものとし、直接損害か間接損害か、予見できたか否かを問わずに一切責任を負いません。

第20条 本規約等の違反への対処

弊社は、ユーザーが本規約等に違反した場合若しくはそのおそれのある場合、ユーザーによる本サイトの利用に関し他者から本サイトにクレーム・請求等がなされ、かつ弊社が必要と認めた場合、又はその他の理由で不適当と弊社が判断した場合は、当該ユーザーに対し、次のいずれか又はこれらを組み合わせた措置を講ずることができます。

1.本規約等に違反する行為又はそのおそれのある行為を止めること、及び同様の行為を繰り返さないことを要求し、これらを裁判上の差止請求として実現すること。

2.他者との間で、クレーム・請求等の解消のための協議(裁判外紛争解決手続きを含みます。)を行うことを要求すること

3.ユーザーが発信又は表示する情報を削除することを要求すること。

4.ユーザーが発信又は表示する情報の全部若しくは一部を削除し、又は他者が閲覧できない状態に置くこと。

5.ユーザーが会員である場合、第5条1項に基づき会員資格取消し等の処分を行うこと。

第21条 違約金及び損害賠償等

【第1項】

ユーザーが本規約等に掲げる禁止事項に違反し、又は不正もしくは違法な行為を行ったことにより弊社又は第三者に損害が生じた場合、ユーザーはその一切の損害(弁護士費用、弊社が第三者に行ったお詫びもしくは謝罪広告の費用を含む)を弊社に賠償する責任を負います。

【第2項】

会員が本サービスを介さずに直接取引(直接取引を誘引した場合、又は直接取引の誘因に応じた場合を含む)をした場合には、会員は前項に定める損害賠償金とは別に、違約金として、当該行為がなければ支払われていたと推定される弊社手数料の10倍に相当する金額(その額が100万円に満たない場合は100万円)を支払うものとします。

【第3項】

ユーザーが本規約等に掲げる禁止事項に違反した場合、当該会員への報酬の支払いを留保もしくは停止することができます。

第22条 個人情報の収集目的

弊社は、個人情報及びそれに類する情報を「プライバシーポリシー(別ページ)」に基づき、適切に取り扱うものとします。

第23条 通知又は連絡

【第1項】

ユーザーへの通知又は連絡が必要な場合には、メール又は郵便を用いて行います。ユーザーが、弊社に対し連絡が必要であると判断した場合には、メール又は郵便を用いて連絡を行うものとします。弊社では、弊社が特に必要と認めた場合を除き電話、来訪によるご連絡は受け付けしておりません。

【第2項】

弊社がユーザーに対して郵便を発送する場合、ユーザーが弊社に申し出た住所(会員の場合、会員登録されている住所)に送付した郵便物は、遅くとも発送日の翌々営業日に到達したものとみなされるものとします。

第24条 専属的合意管轄裁判所

ユーザーと弊社の間で訴訟の必要が生じた場合、東京地方裁判所をユーザーと弊社の第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

第25条 準拠法

本規約等に関する準拠法は、日本法とします。